sp Blog

美容室によくある「ヘナカラー」ってどんなカラーリングなの?

  • 2013年07月26日


あなたは町中でこんな名前をみかけたことがないでしょうか?
「ヘナカラーあります」。美容室のメニューにヘナカラーというものがあります。

でも「ヘナカラーってどんなもの?」「髪の毛がヘナヘナになっちゃいそう」など
色々疑問があるものです。確かに私もつい最近までは「ヘナカラーって一体なに?!」というレベルでしたから。

ヘナカラーの存在を知ってはいても、ヘナカラーをあまり知らない人のほうがかなり多いのです。

では、ヘナカラーのことについて色々と解説していきたいと思います。

【ヘナカラーって?】

ヘナカラーというのは、ヘナというインドハーブにある植物の一種です。
ヘナカラーは、天然植物だけで作られているため、髪の毛や地肌にやさしく、
髪を染めるだけでなく、ツヤやコシなどを復活させてくれます。

【どんな効果があるの?】

・白髪のカラーリングするのに最適

ヘナは白髪に色が入りやすいという特徴があるので、
カラーリングとしてはとても最適です。少し色味がかわって
自然になじむので、とてもキレイに仕上がります。

・トリートメント効果がある。

ヘナカラーはトリートメントの効果があるので、
染めると髪の毛がツルンツルンになります。
また、髪の毛の保水力も高めてくれるので、
より髪の毛を美しく、ツヤとコシのある髪の毛へ導いてくれます。

【ヘナカラーのデメリットとは】

いくら肌にも髪にもいいからといっても。
ヘナカラーにはメリットあればデメリットもあります。

それは染まりはするけど、「光の加減で見た時に赤くなってしまう」ということです。
ピンク系のヘアカラーがお好きな人ならばまだ問題はないと思うのですが、
ヘナカラーは、赤っぽい色です。インドの女性の額についている赤いやつ。
あれもヘナでできているのだそうです。

赤くなってしまうのを気にしない人ならばいいのですが、
気になるのであれば、ヘナカラーはあまりおすすめできませんね。
このヘナカラーは、東急ハンズや美容室でも売っている場合があるので、
自宅で手軽に染めてみたいという人にもおすすめです。

コンタクト
スタッフ日記
フロムのオーナーが定期的に更新中!
携帯サイト
下記QRコードよりアクセス!
Photogirl Nica
oxomooの写真担当、Nicaのページ